MENU

STATEMENT

En

Fr

mograg galleryは“日本のロウブロウアート”を提案します

mogragは、2008年に東京の国分寺で、オーナーの太田素子とディレクターでアーティストの沖冲.の住んでいた自宅の小さなガレージを解放し、『mograg garage』として様々な展覧会を中心とするアーティストコミュニティとしてスタートしました。

そして2015年に場所を御徒町に移転し、古雑貨、 アクセサリー、プロダクトなどを中心に展開するアパレルショップ“Aquvii”のアートライン『AAT』と共同で、新たに『mograg gallery & Aquvii AAT shop』として、絵画を中心としながらもジャンルや表現形態に縛られない境界線上のアーティストたちの展覧会を企画・運営し、またそれらをさまざまなプロダクトに落とし込んでいく事業を展開しています。
私たちはこの場所で取り扱っているアートのことを“日本のロウブロウアート”と呼んでいます。

ロウブロウアートって?

アメリカ西海岸発祥のロウブロウアートは、おもに“無教養のアート”と訳され、アカデミックな教育や美術史の文脈に属さない表現形態を指しますが、日本においてはとりわけそのうちのいくつかのスタイルの影響を感じさせる表現に使われがちな言葉です。

ですが私たちはこの言葉の持つ本来の意味とその楽しみ方、つまり“ハイアート”と呼ばれるメインストリームの“周縁”から発生した“大衆の芸術”として、よりシンプルに自己の思想や美意識に基づいた“絵を描く/観る喜び”を表明し、それらをアーティストとともにインディペンデントなギャラリーやメディアを通じて、アートファンやコレクターに熱狂的な支持を受けながら成立してきた、そんな“嗜好のアート”としてこの言葉を用いています。

日本のロウブロウアート

日本における“絵”は戦後、西洋から輸入された所謂“アート”をはるかに凌駕する質と量で、マンガ・イラスト・アニメを中心とする、本来は周縁(サブ)であるはずの“オタクカルチャー”が発展し続け、今日においてはそのメインストリームを形成しています。日本における表現の中心は、世界のメインストリームとしてのアートと、日本のメインストリームとしてのオタクカルチャーという二つが軸となっています。

そういった状況の中で、幼少期から様々なサブカルチャーを浴び続け、その影響を受けつつもあくまでも自らのオリジナルを模索し、そしてこの二つのどちらにも依拠しない姿勢を示す、いわば“第三の表現者”とでもいうべきアーティストたちが私たちのまわりには数多くいます。

私たちは彼らのことを、その作品と創作の姿勢を表す意味で、敬意を持って『日本のロウブロウアーティスト』と定義し、彼らの作品を専門的に取り扱うギャラリーを展開していきます。

私たちが面白いと感じるアートとその楽しさを、すべてのアートファンへ。
そしてあなたとアーティストとともに三位一体となって、“アートが日常になっている状態”の創出を、私たちは目指します。